×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

風鎮祭07



風鎮祭とは?

・・・風を鎮め、五穀豊穣を願う・・・
300年もの伝統を持つお祭りです。

昔から「肥後三馬鹿騒ぎ」のひとつとして、別名【山引き】とも呼ばれています。
日用雑貨で造った、【造り物】が街人や観光客を楽しませてくれます。

また、漫才にも似た【にわか】の言葉に思わず微笑んでしまうでしょう。
そして「花火」が夜空を彩り、【町民総踊り】で祭りはクライマックスを迎えるのです。

古式豊かな【節刀渡し】で祭りは幕を閉じるのですが、
やがて南阿蘇には【美しい秋】が到来するのです。


17日は前夜祭のようであり、早朝から街角で催し物があり、夕方、町民総踊りがメーンの出し物である。
町の辻々には、日常品で造られた「造り物」が展示され、その年度の優劣を競う。
夜は花火大会が行われ遅くまでにぎわう。




町民総踊り

高森町の各種団体が思い思いの衣装で高森音頭で町内を練り歩く。




花火大会




18日は、早朝から高森阿蘇神社で五穀豊穣祈願祭が行われ、風鎮太鼓が奉納される。



風鎮太鼓

町内では「にわか」などの催し物があり夜遅くまでにぎわいを見せる。
風鎮際が終われば、阿蘇では朝晩はめっきり涼しくなり、やがて収穫の季節を迎える。


【造り物】とは?

高森町で毎年8月17・18日に開催される【風鎮祭】には、
各町内会で、家庭の日常品を活用して制作した【造り物】が
街角に出品・展示され、できばえを競います。

昔は各家庭の日常品を活用していましたが、今日では
ある程度購入品を利用しています。

街角に展示された【造り物】は、町の人たちや観光客を
楽しませる【風鎮祭】の主役といっても過言ではありません。

祭りの期間中出品された【造り物】が審査され、その年の最優秀
作品は、南阿蘇鉄道・高森駅前に設置された展示場に1年間
展示されます。



07年・風鎮祭・造り物特賞・樽獅子・旭通中組



金賞1・風鎮摩利支天・下町二組



金賞2・鳳凰・旭通下組




金賞3<山の守り神、白イノシシ>昭和六組<熊本市現代美術館賞受賞>

このごろの日常品はプラスチックなどが多い中、瀬戸物を使用して
表情豊かに「もののけ姫」に登場する白いのししを見事に表現しているところが評価された。



07年・風鎮祭「造り物」入賞一覧表


スズメバチ・上町上組

軍鶏・昭和七組

別所の主、アジアアロワナ・下町向上会

シーサー・下町五組

魔よけの虎・旭通上組

どらえもん・上町カーニバルス

クマノミ(スズメダイ科)・下町三組

伊勢のいい風鎮祭にヒトデがありますように
昭和向上会

羽黒とんぼ・横町作り物愛好会

女郎蜘蛛・横町七・A組

さっかーな・下町社会人サッカークラブ

機動戦士ガンダム・高森高校生徒会





観光交流館前広場で高森音頭を踊る町の人たち




街角では、漫才にも似た「にわか」が演じられる。






このあと観光交流センターで「にわか」コンクールが行われ風鎮祭の幕を閉じる。