南阿蘇鉄道・トロッコ列車




阿蘇高原を走る・トロッコ列車・ユウスゲ号



南阿蘇鉄道・高森駅




高森駅のトロッコ列車




夏休み期間中は子供たちで満員



トロッコ列車乗車券


立野駅から高森を結ぶ国鉄高森線が開通したのは昭和3年。昭和61年に「南阿蘇鉄道」に継承され、
この年の夏からトロッコ列車の運行をはじめた。

路線距離は17.7Kmで、阿蘇五岳と南外輪山のほぼ中央を白川に沿って走る。
通常運行のレールバスは、高森〜立野間を約30分で行くが、トロッコ列車は倍の1時間、
時速25Kmで走り、ビューポイントでは徐行運転で周囲の景色を楽しめる。

最大の見所はトンネルとトンネルの間にある第一白川橋梁で、
ゆっくり進む車窓から約60m下の白川を見下ろすスリルが味わえる。


見晴台駅

見晴台駅から高森町方面

見晴台駅を通過するトロッコ列車

阿蘇白川駅

水の生まれる里・明神池名水公園

中松駅

中松駅では唯一列車がすれ違える

水の生まれる里白水高原駅

鉄道の駅名では日本一長い

夜峰山・山頂には南阿蘇のテレビアンテナがある

車窓から見る俵山

阿蘇下田・駅がお城の造りで温泉になっている


長陽駅・昭和3年、開業された当時の面影を残すという駅舎。


右側に白川をのぞむ

第一白川橋梁

身を乗り出して谷底を見る

眼下は戸下渓谷

トロッコ列車内

終点・立野駅

立野駅では豊肥線に接続している。

豊肥線に乗りかえる乗客

白川第一橋梁の谷底

白川第一橋梁




トンネルとトンネルの間に白川第一橋梁がある。




中松駅で立野行き普通列車とすれ違う。